髪もクレンジングが必要?クレンジングシャンプーの効果と使い方を一挙紹介!

クレンジングシャンプーについて

みなさんは近年で話題となっているクレンジングシャンプーを知っていますか?

クレンジングと聞くと「油分を全て取り除かれて、パサパサの髪の毛になりそう…」と不安になる方もいるかもしれません。

しかし、クレンジングシャンプーは通常のシャンプーの洗い上がりはそのままに、洗浄力を高めてくれるだけなのでそこまで心配する必要はありません。

通常のシャンプーよりも頭皮や毛穴の汚れを綺麗に取り除けるため、頭皮にかゆみがでたり、炎症によってぶつぶつができてしまっている方にオススメのシャンプーです。

さらに、髪をセットするときにワックスやスプレーを使う方も多いですが、通常のシャンプーだと2回洗う必要があるところ、クレンジングシャンプーは1回で綺麗に洗い流せるので、頻繁にそれらのセットアイテムを使う方には特にオススメです。

クレンジングシャンプーの効果はどんなもの?

1. 頭皮の汚れや油分をごっそり落とす

上記でも述べたように、クレンジングシャンプーは洗浄力を重視したシャンプーなので、皮脂や髪に付着した汚れと汗を綺麗に殺菌してくれるという効果があります。

人間は季節問わず、汗を知らぬ間に大量にかいているため、頭皮の油分は顔の皮脂の2倍以上も蓄積されているのです。

よって、たまにはクレンジングシャンプーを使い、頭皮や髪の毛の内部状態をリセットしてあげることが重要となってきます。

2. トリートメントや保湿剤が浸透しやすくなる

髪の毛を洗浄力の高いクレンジングシャンプーで洗ってあげることによって、トリートメントなどのしっとり成分もより頭皮や髪に浸透しやすくなります。

クレンジングシャンプー後は、少量のトリートメントでも浸透力の違いを実感できるので、その点においてもオススメです。

3. 固まった頭皮を柔らかくする

頭皮に皮脂や汚れが詰まっていると、頭皮が固くなり、それが薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

よって、クレンジングシャンプーで定期的に皮脂を根元まで除去し、頭皮の柔らかい状態をキープしておくことが大切です。

クレンジングシャンプーの効果的な使い方

クレンジングシャンプーは以下の方法で使用すると、効果もより明確に出やすいのでオススメです。

1. コームやブラシで髪の絡まりを取っておく

髪が絡まっているとシャンプーの種類に関係なく、髪の毛にまとわりついた汚れが取れにくくなるため、丁寧にブラッシングをしておくようにして下さい。

2. ぬるま湯で髪をサッと流す

予洗いは、温度が熱すぎると髪にダメージを与えてしまうので、35度から38度くらいのぬるま湯で髪の毛を流してあげましょう。

3. ネットか手の平でクレンジングシャンプーを泡立てる

シャンプー剤は頭皮にそのまま付けると、抜け毛が増える原因になるので、ネットか手の平でよく泡立ててから使う必要があります。

しかしクレンジングシャンプーの中には、泡立たないオイルタイプもあるので、その場合はそのまま使っても大丈夫です。

4. 頭皮を揉むように洗う

上記でも述べたように、頭皮は皮脂の状態によって固い状態になっていることもあるので、クレンジングシャンプーの泡で頭皮を揉み、マッサージするように洗うのがオススメです。

※爪で洗うと頭皮を傷付けて、炎症を悪化させてしまいます!

5. しっかり洗い流す

洗い終わったら、シャンプー剤が残らないように、しっかりとシャワーで流すようにして下さい。

6. 髪のダメージが気になる方は、市販のシャンプーでもう一度洗う

クレンジングシャンプーは市販のシャンプーに比べて保湿力が低いので、髪のダメージが気になる方は、流し終わった後に普段通りシャンプーをすることをオススメします。

この後はいつも通りトリートメントをして、洗い流せば完了です。

このように、使い方をひと工夫するだけで簡単に髪や頭皮のお手入れができるので、まだ利用したことの無い方は、是非試してみてはいかがでしょうか?

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ