シャンプーでダメージヘアになる可能性

シャンプーが原因で髪にダメージを与えてしまう場合があるのをご存知でしょうか?

ヘアケアをきちんとしているつもりなのに、なぜかダメージを受けた髪がいうことを聞いてくれない、パサつきが気になり広がってしまうなどの悩みを持っている人もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、シャンプーの選び方の基準と使い方を変えてみるのも良いのではないでしょうか。

シャンプーが髪に与える悪影響

シャンプーの中には、毒性やアレルギー物質の含まれる物があります。シャンプーに多く含まれる「硝酸エステル」は汚れと皮脂を洗い流すものですが、アレルギー症状を発症する場合もある化学物質の1つとも言われています。

影響のある人もいれば影響されない人もいらっしゃいますが、安全とは言えない成分でもあるのです。また、洗浄成分が高いことで必要な皮脂までも洗い流してしまう可能性があり、髪が少しずつダメージを受けていることも考えられるでしょう。

髪にダメージを与えないシャンプーを選ぼう

シャンプーでダメージを与えないためは、アミノ酸シャンプーが髪や頭皮への影響が比較的少ないためオススメです。その他のシャンプーのと比べても刺激が少なく、優しい洗浄力で髪にも頭皮にも負担がかからずダメージも受けにくいでしょう。

髪を健康に保つためには頭皮の状態も大切な要素になります。シャンプーは毎日行う人が殆どですし、頭皮も同時に洗うものです。そして髪が長ければ長いほどシャンプーの影響を受ける回数も増えていきます。だからこそ、頭皮と髪に優しいシャンプーを選択する必要があるでしょう。

シャンプーの仕方を正しく治そう

毎日行うシャンプーの仕方も間違えると、髪へダメージを与える可能性があります。シャンプーの最初にはお湯を使い予洗いとしてお湯で2~3分ほど髪と地肌をもみ洗いします。これだけでも、約7割ほどの汚れを落とすことができると言われています。

シャンプーを手に取ったら手のひらでできる限り泡立ててから髪に付けます。髪の摩擦はダメージの原因になるので気を付けましょう。

また、シャンプーのしすぎや多過ぎる量での洗髪はダメージを起こす原因になります。必要以上に皮脂を取りすぎてしまい皮脂のトラブルが起き、皮脂の状態が髪にも当然影響を及ぼしますし、髪自体の乾燥も進んでしまうでしょう。

夜のシャンプーがオススメ

午後10時~午前2時までは肌の再生が活発になる時間ですが、頭皮や髪にも同じことが考えられます。成長ホルモンが多く分泌されるこの時間帯は毛根で発毛に大切な成分が生成されます。

実際の発毛は午前の3時からされますが、その後も毛穴のゆるむことがあり朝の時間帯にシャンプーすることで毛穴に成分が残りやすくなり、髪への悪影響になる可能性があります。髪へ余計なダメージを与えないようにするためにも、清潔にしておき発毛を円滑に行うためにも、シャンプーは夜に行うことをオススメします。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ