シャンプーの正しい使い方

シャンプーしているのに髪の傷みが気になる

毎日、シャンプーにトリートメントをしているのに、髪の傷みが修復されない、パサつきやツヤがないのが気になるという方、多いようです。

シャンプーが髪に合っていないのかな?良質なシャンプーを使えば髪もキレイになるのかな?

このような疑問をお持ちの方もいるかと思います。髪の悩みの多くは、髪の洗い方が正しくできていないことが原因となっています。シャンプーの正しい使い方を知って、キレイな髪になりましょう。

シャンプーする前に行うこと

シャンプーをしっかり泡立てて洗って、しっかりすすいでということは行っている方が多いと思いますが、実は、髪を洗う前に行ってほしいことがあります。

それは「ブラッシング」です。ブラッシングをすることによって、髪を洗っている時に髪が絡むことを防ぐことの他に、ホコリやゴミも落とせるので、シャンプー前のブラッシングで、汚れの一部を落とせるのです。

もう1つ、シャンプー前に行ってほしいことがあります。それは、お湯で髪をしっかりと洗うということです。

髪全体を簡単に濡らす程度でシャンプーをつける方が少なくないと思いますが、これはお勧めできません。頭皮全体がお湯で浸るくらいに、しっかりと濡らしておくことで、汚れやホコリ・整髪剤なども水で落とせるものでしたら、お湯で洗うだけでも十分落ちる汚れがあるのです。

ブラッシングとお湯で、髪の汚れの半分程度は落とせるのです。

シャンプーでの洗い方のポイント

シャンプーの正しい使い方、まずはブラッシングをすること、次にお湯でしっかり洗うこと、そして、いよいよシャンプーを使って洗います。

まず、シャンプー適量を手にとり、頭皮に揉みこむイメージでなじませましょう。シャンプーは、髪の毛につけるのではなく、頭皮に揉みこむイメージをすることがポイントです。この時、シャンプーを大量につける方もいるようですが、これは意味がありません。それは、頭皮の汚れは泡で落とすのではなく、指で洗って落とすからです。

髪を洗う時は、頭皮をマッサージするように洗うこともポイントです。決して爪はたてないでください。爪をたてて洗うと、頭皮を傷つけてしまいます。髪のトラブルを起こさないように、適量のシャンプーで、指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗いましょう。

最後にすすぎを行います。すすぎは、しっかりと念入りに行ってください。シャンプー剤が頭皮や髪に残ると、髪のトラブルの原因になりかねません。しっかりと洗い流すことが大切です。

シャンプーの正しい使い方は、まずブラッシングをして次にお湯で洗い、シャンプーは適量を指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗うことを守りましょう。頭皮を洗うことで、その泡で髪の汚れは落ちますので、髪の毛をわざわざ洗う必要はありません。シャンプーの正しい使い方で、汚れをしっかり落としましょう。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ