トリートメントをポンプの最後まで使い切るには

トリートメントがポンプから出てこない時

トリートメントがポンプ式の場合、最後まで使い切ることは難しいですよね。

残りが少しになるとポンプが吸い上げにくくなってしまうからです。諦めて、容器を洗ってしまうのはもったいないですし、フタを開けて容器を逆さまにして出しますか?

しかし、ポンプが吸い上げなくなったからと、すぐにフタを開けて容器を逆さまにすると、必要以上の量が出てしまうことがあります。では、どうしたら良いのでしょう。

ポンプの中の量が少なくなったら容器の底をたたく

トリートメントの量が少なくなりポンプが吸い上げなくなってからも、まだまだ最後まで使い切りましょう。この状態でも上手に使えば数回分は残っているので、すぐに洗い流したりしないでください。

トリートメントがポンプを押しても出てこなくなったら、容器の底をたたいてみましょう。これだけで容器の内壁についたトリートメント液が底にたまるので、ポンプを押すと出てくるようになります。

次は容器を逆さまに

トリートメントがポンプを押しても出てこなくなった時、中の量が少なくなっていることがわかりますが、最後まで使い切りたいですよね。

その時、まずはトリートメントの容器の底をたたくことで内壁についている液がたまりポンプから出てくる量がたまります。それでも出てこなくなった時は、容器をさかさまにしてフタを開けます。

しかし、この時も注意が必要です。先にフタを開けるのではなく、フタは閉めたまま容器を逆さまにします。すると、ポンプヘッドの部分にトリートメント液がたまります。

ここでフタを開けます。すると、ボトル口に駅がたまっているので、中身を出しやすくなると思います。最初からフタを開けて容器を逆さまにすると、必要以上に液が出てしまうかもしれませんので、この方法がお勧めです。

最後は詰め替え用のトリートメントを補充

トリートメントのポンプを押しても出てこなくなった時、最後まで使い切るための方法を2段階で紹介しました。

それでも容器の内壁に液がついて残ってしまうことでしょう。しかし、これ以上は出す術がありません。1回の使い捨ての容器でしたら、容器を切ったりすることで、キレイに使い切ることができますが、ポンプ式なので、容器は何回も使いますから切るなどということはできません。

ですから、紹介しました2段階の方法で、それでも出てこないものは無理と判断し、詰め替え用のトリートメントを入れて使いましょう。衛生面で考えて心配という声もありますが、容器の中に何かが入るということは考え難いので、特に問題はないと考えます。

メーカーによって、中が残っている状態で新しいものを詰替えて使えるというところと、新しいものを入れ替える時は容器を洗うように指示しているところもあります。ですから、メーカーの指示とご自身の判断で、次の新しいものを入れ替えるようにしてください。

最後の最後まで使い切るために、容器に水やお湯を入れるという考え方もありますし、これは実際に行っている方が少なくないようですが、これは衛生面で考えるとよくありませんので、控えてください。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ