トリートメントで切れ毛を補修

切れ毛ができる原因

枝毛や切れ毛でお悩みの方が多いと思います。髪は毎日さまざまなダメージを受けており、その結果枝毛や切れ毛になってしまうのです。

では、具体的に切れ毛ができてしまう原因について触れていきましょう。

シャンプーが切れ毛の原因に

洗髪時、髪は塗れているとキューティクルは開いている状態です。その状態の時にゴシゴシ強く洗うことで、キューティクルは傷んでしまい、その結果切れ毛になってしまうのです。洗髪は優しく行うのが基本です。

タオルドライが切れ毛の原因に

タオルドライは髪を乾かす時の基本ですが、シャンプーと同様にゴシゴシ強くしてしまうと、キューティクルが傷んでしまい、切れ毛になってしまいます。優しくするように心掛けましょう。

ドライヤーが切れ毛の原因に

ドライヤーを髪にあてる時、ドライヤーを根元から毛先に向けるのが基本ですが、反対に向けてあててしまうと、キューティクルは傷んでしまいます。

これはドライヤーに限らず、シャンプーやトリートメントなど、髪の毛のケアは全てキューティクルの方向に合わせて行うと良いでしょう。

ブラッシングが切れ毛の原因に

ブラッシングで、髪に不要な力を与えてしまうことで、キューティクルを傷めてしまうことにつながります。摩擦などは、なるべく控えましょう。

髪へのダメージが蓄積されて出来た切れ毛を補修

切れ毛になる原因はわかりましたね。では、できてしまった切れ毛は一体どうすれば良いのでしょう。切れ毛となってしまった髪は、自然に元に戻るということはありません。しかし、対策はあります。それはトリートメントを使うということです。トリートメントは、枝毛や切れ毛、傷んだ髪を補修してくれるヘアケア剤なのです。

枝毛や切れ毛ができてしまった場合、髪の内部から栄養成分が外に流れ出てしまったため、キューティクルの表面が滑らかでなくなっている状態にあるのです。ですから、トリートメントで、たっぷりの栄養成分を補給してあげることで、枝毛や切れ毛がなかった元の状態を取り戻してあげるのですね。

トリートメントは、切れ毛などがなかった状態に完全に戻すことはできません。しかし、トリートメントで栄養を補給してあげることで、切れ毛などがなかった状態に近づけるというイメージで捉えていただくと良いかもしれません。

トリートメントで切れ毛など傷んだ髪をケアする場合、トリートメントの成分も大切ですし、自分の髪の状態に合うものを見付けることが、キレイな髪に戻すことへ近付ける一歩だと考えます。ですのでトリートメントを選ぶときは無添加・ノンシリコンのものを選びましょう。リシリッチなら無添加でノンシリコン、さらに50種類以上の美容成分が含まれているのでおすすめです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ