トリートメントのノンケミカルは髪に良い?

ノンケミカルのトリートメント

トリートメントはノンケミカルのものの方が良いのでしょうか。そもそもケミカルやノンケミカルとは、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの違い、効果など、髪や地肌には、どちらが良いものなのでしょうか。

ケミカルとノンケミカルの違い

ケミカルとノンケミカルの違い。これは、紫外線吸収剤が入っているかどうかです。ケミカルは、紫外線吸収剤が入っており、ノンケミカルは紫外線吸収剤が入っていないという意味です。

ケミカルに入っている紫外線吸収剤とは

ケミカルは紫外線吸収剤が入っているものという意味です。では紫外線吸収剤とは、どのような働きをするのでしょうか。

紫外線吸収剤とは、紫外線をカットする効果が高いことを意味します。太陽からの紫外線を肌が受けないようにする働きをしてくれます。しかし、紫外線をエネルギーに変えて外に放出するという一連の中で、エネルギーに変える時に化学反応を起こすので、これは副作用として肌にダメージを与えてしまうことになります。

ノンケミカルは、このような副作用がないので、安心かと考えます。

トリートメントを選ぶ時はノンケミカルを選ぼう

トリートメントは傷んだ髪の修復を助けるものです。髪はドライヤーやヘアアイロン、パーマやカラーなどで傷んでしまいます。また、髪が傷む原因は紫外線も大きく関係しています。

例えば、髪が傷まないようにパーマやカラー、ヘアアイロンは普段しないという方でも、紫外線は浴びてしまいますよね。それは避けられないダメージだと思います。ですから、やはりトリートメントはケミカルがいいのでしょうか。

確かに紫外線を受けない働きをしてくれます。しかし、副作用があることがわかっています。やはり髪にも頭皮にも副作用はない方がいいと思う方はトリートメントを選ぶ際、ノンケミカルがいいのではないでしょうか。

紫外線によるストレスから髪を守るトリートメント

紫外線について考えると、ケミカルとノンケミカルどちらを選べばいいのか難しいかもしれません。しかし、本当に髪に優しいトリートメントを探している方にお勧めしたいものがあります。それは「リシリッチ」です。

リシリッチは、紫外線やニオイ、ホコリなど環境ストレスから髪を1日中守ってくれるのです。しかも、化学薬品ではなく、自然派由来の成分で髪を保護してくれるので、何よりも安心して使えると思います。

紫外線を始めとした外的ダメージで髪はごわつきますが、リシリッチを使うことで、毛髪が保護されダメージを防いでくれます。トリートメントで、ケミカルやノンケミカルどちらを使うか迷われるかもしれませんが、リシリッチのような自然派由来成分で髪へのダメージから保護してくれるものが髪や頭皮にとってベストな選択と言えるのではないでしょうか。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ