トリートメントの正しいすすぎ方でしっかり髪ケア

ドラッグストアなどに行くとメリットやラックス、ダヴなど様々な種類のシャンプーやリンス、コンディショナーなどが陳列されています。シャンプーは頭髪を洗浄するものなので、どのメーカーからも必ず販売されています。

しかし、シャンプーと共に陳列されているリンスやコンディショナー、トリートメントはメーカーによって用意されているのでどれが毛髪に良いか分かりませんよね。そこで、まずはリンス・コンディショナー・トリートメントの違いをご説明したいと思います。

リンス・コンディショナー・トリートメントの違い

髪についた石鹸の残りを落とすリンス

リンスとは、毛髪のお手入れ商品としていち早く開発されたヘアケア剤です。アルカリ性の石鹸を中和させることによって、櫛や指通りをスムーズにし、石鹸の残りを落とすために作られた製品です。

そのため、粘度が低く髪の毛の表面に付着する特徴があります。リンスは英語ですすぐという意味を持ち、その由来は石鹸で髪を洗っていた古い時代に髪通りを良くするためお酢を用いて毛髪をすすいでいたそうです。

髪の調子を整えるコンディショナー

コンディショナーとは、シャンプーを用いて頭髪を洗い終えた後に髪の毛の調子を整える目的で開発されたヘアケア剤の1つです。

コンディショナーには毛髪に汚れが付着しにくくする効果があり、軽やかで心地良いさらさらした感触や適度な水分を含んでしっとりとした手触りになります。若干粘り気があり、毛髪の内部にコンディショナーの成分が気持ち程度に浸透する特徴を持っています。

髪の健康を維持させるトリートメント

毛髪を洗浄後にドライヤーなどを用いて髪の毛を乾燥させた後、使用するヘアケア剤がトリートメントです。毛髪を生き生きとさせる効果があり、髪の毛の健康を維持する目的で開発された製品です。

ですが、現在ではリンスと同様の感覚で用いられることも多く、トリートメントの意味合いが変わってきています。粘性が強く、毛髪の奥深くにまでトリートメントの成分が浸透する特徴を持っています。

トリートメントが頭皮に残ると油分のバランスが崩れる

トリートメントは毛髪の表面を油分で保護し、髪の毛に含まれる水分の蒸発を防ぐ働きと共に髪の毛の奥深くにまでタンパク質の成分を浸み込ませることが出来るので、傷んだ毛髪を健康にする栄養補給剤の役割を果たしています。

しかし、毛穴にトリートメントの油分を残してしまうと、頭皮から分泌される油分がトリートメントの油分と混ざり合い、頭皮の油分バランスが崩壊してしまいます。そのため、トリートメントなどのヘアケア剤は綺麗にすすぎ、頭皮の油分のバランスを保つ必要があります。

トリートメントの正しいすすぎ方

トリートメントはシャンプーで頭皮を洗浄した後に行います。その際、髪の毛にシャンプーの残りがないようにしっかりシャワーですすぎましょう。綺麗にすすぎ終えたら、次は毛髪のダメージを補修するトリートメントを行います。トリートメントは毛髪へ栄養補給するためのヘアケア剤ですので、頭皮に付着しないように細心の注意を払いながら行いましょう。特にダメージの酷い箇所を重点的にトリートメントしましょう。

トリートメントには毛髪を柔和にする成分や保湿成分が含有されているのですすぎ時間を調節しながらすすぐことで乾かした際の毛髪の状態が変化します。そのため、しっぽりとした物量感としなやかでふっくらした髪質にしたい場合、ややぬめりが残るようにすすぎましょう。反対にふわふわした空気感のある物量感と引き締まっており弾力のある質感にしたい場合はトリートメントが残らぬよう、しっかりとすすぎましょう。

トリートメントをすすぐ際は、すすぎ液が頭皮や顔にかからないように、頭部をやや後ろに倒してすすぐと良いでしょう。トリートメントをすすぎ終えたら、しっかり水気を切ることをオススメします。

トリートメントは毛髪の栄養補給剤ですので、すすぎ過ぎると効果が弱まってしまうので、ご注意ください。ショートカットの女性や短髪の男性がトリートメントを行う場合、頭皮に付着しないように髪の毛の表面を撫でるように行いましょう。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ