トリートメントの髪や頭皮に良い酸性の値はどのくらい?

皮膚や毛髪は酸性で洗うのが良い

「酸性」や「アルカリ性」という言葉は聞くと思います。頭皮や髪を構成しているタンパク質は「酸性」です。

シャンプーや石鹸など「肌に優しい弱酸性」と謳われているものが多くありますが、皮膚や髪が酸性なので、皮膚を洗うものや、髪を洗う、直接触れるもの、髪に栄養を補給するトリートメントも「酸性」が良いというわけですね。

皮膚や髪のペーハーは?

例えば、水はpH(ペーハー)7.0で中性です。皮膚や髪はpH5.0と言われています。この値には個人差があり、年齢により前後します。

髪に良いのは弱酸性

0pHから7pHまでが酸性、7pHから8pHが科学的中間点、8pHから14pHがアルカリ性です。

酸性と言いましても、0pHから7pHまで幅広く、その中で一般的に言われている弱酸性は5pHから7pHで、理想的な弱酸性は3pHから5pHと言われています。

酸性が良いと言われているものの、0pHから3pHは髪や皮膚にとってよくないのですね。

頭皮・髪のためにも酸性のトリートメントを

トリートメントは、髪や頭皮に良いと言われている3pHから7pHまでの酸性のものを選ぶようにしましょう。この値は、「弱酸性」なので、頭皮や髪に優しく、負担をかけずにヘアケアをできるでしょう。

トリートメントの多くは「弱酸性」なので、安心して使えると思いますが、トリートメントを購入する時や新しいものに変える時などは、酸性かどうかを確認すると良いですね。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ