トリートメントの1回の使用量はどのくらい?

トリートメント1回の使用量に決まりはあるの?

トリートメントを使われている方、1回の使用量はどのくらいでしょうか。ポンプタイプのものを使われている方は、ポンプ1回分やポンプ2回分などと決めているかもしれませんね。

さて、トリートメントはたくさんつけるとそれだけ効果があるのでしょうか。それとも、やはり、適量が良いのでしょうか。

トリートメントの使用量の目安

トリートメント1回の使用量の目安についてです。これは髪の長さや毛量により異なりますが、一般的にセミロングの場合ですと5~8グラムと言われています。これは手のひらで500円玉硬化大に広がる量が5グラムなので、参考にしてみてください。

またポンプタイプの場合、ポンプ1回押すと3グラム出ますので、押す回数で3グラム、6グラムと量を調整できます。

トリートメントのつけ過ぎはよくない!?

トリートメントの1回の使用量の目安はあるものの、やはり多くつけるとそれだけ効果も得られるものでしょうか?

それは間違えです。トリートメントを1回の使用量の規定量を超えて多くつけても、その分の効果は得られません。

トリートメントを必要以上につけても、すすぐ時に洗い流してしまうことになりますし、洗い流さないタイプのトリートメントの場合は、べたつく原因になるとも言われています。やはりトリートメントは1回の使用量を守って使うのが最適と考えます。

より効果を得るためには

トリートメントの1回の使用量の目安は、セミロングで5~8グラムと言われています。これは目安なので、髪の量などにより調整してください。より効果を得るために、目安量より大幅に多くつけても意味がありませんし、場合により髪によくないこともありうるのです。

では、他に、より効果を得るための方法はないものでしょうか?

それは使う頻度を高めることです。例えば週に1回のところを週2回や週3回などと、つける頻度を多くすると効果が高まると考えられます。他には、やはり正しく使うことが何より大切です。

正しいトリートメントの使い方

トリートメントの1回の使用量を守りつつ、より効果を得るためには、やはり正しい使い方をするのが大切です。

まず、しっかりシャンプーをします。その後、軽くタオルドライをしましょう。ここで、トリートメントを湿布します。(トリートメントを選ぶときは無添加でノンシリコンのキシリッチを使うとより効果を得られます)

頭皮にはつかないように、両手の平で髪を軽くたたくようにトリートメントを馴染ませていきます。その後、すぐに洗い流すのではなく、蒸しタオルを巻いたり、シャワーキャップをかぶり5~10分程度そのままおきます。

こうすることで、トリートメントの浸透が促進されるのです。この状態で湯船につかるのもいいですね。そして、トリートメントを流しましょう。トリートメントを流す時も、髪に優しく決してゴシゴシこすることのないように、さっと流しましょう。

髪を乾かす時は、タオルで軽く拭いたあとドライヤーを使いますが、ドライヤーの温度は100度前後で髪からドライヤーを20センチ以上離して使いましょう。

この手順で正しくトリートメントを使い、その頻度を増やすことで、1回の使用量を無理に増やすことよりも高い効果を得られると考えます。自分に合う適量を使って、髪をいたわってあげましょう。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ