トリートメントはノンコーティングのものがいいの?

トリートメントはノンコーティング?

トリートメントはノンコーティングのものが良いのでしょうか?

ノンコーティングと聞いても、ピンとこないかもしれません。例えば、ノンシリコンなどという言葉でしたら、よく耳にするのではないでしょうか。ノンシリコンということは、シリコンを使っていないという意味ですね。

シリコンを使っていないということは、髪にとって良いことなのでしょうか?髪のケアに必要ないのでしょうか。

ノンシリコンとは

トリートメントでノンシリコンというものをよく見掛けるかと思います。反対のものはシリコンでコーティングするものになります。

シリコンとは化学反応によって人工化学物質を作っているのです。トリートメントだけでなくシャンプーやブローローション等、他にも色々なものに使われています。この働きは、キューティクルに付着してコーティングをすることです。その効果は手触りがよくなることと、ツヤを出すことです。

しかし、シリコンには髪の補修する効果はありません。髪をコーティングするだけです。ですらか、手触りなどはよくなるかもしれませんが、実際髪の補修はしていませんので、シリコンが使われているトリートメントはお勧めできません。

シリコンを使い続けることは避けましょう

トリートメントにシリコンが入っているものを使い続けると、見た目や手触りはよくなるかもしれませんが、本当は髪の補修などされていないので、使い続けることで、髪の傷みを進行させてしまうことになるのです。

ですから、トリートメントはノンコーティングがいいのです。シリコンに限らず、髪をコーティングしたところで、見た目や手触りなど、外見的なところは改善されているように見えますが、髪の内部に浸透して補修をするという働きはないので、傷みは進行していくことから、トリートメントはノンコーティングをお勧めします。

ノンシリコン・無添加のトリートメントといえば、洗い流さずに使える「リシリッチ」がおすすめです。初回はお試し品として安く購入することができるので一度使ってみましょう。

トリートメントはノンコーティングのものを

多くのトリートメントは、髪に栄養を与えてコーティングするというものです。場合によっては必要なことかもしれませんが、パーマやカラーをしている人が、トリートメントをつけてコーティングすることで、薬液の悪い成分が髪に残留させ髪の内部を傷めてしまうことになりかねません。

美容室などで使われているトリートメントは、本格的なものであり、髪の内部に薬液を残留させて髪を傷めるリスクが高いので気を付けてください。トリートメントはノンコーティングのものを選び、見た目や手触りなど、表面的なものではなく、内部から本当に補修してくれるものを選びましょう。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ