トリートメントは何cmから使う?

トリートメントを使う基準は

トリートメントを使う目的はなんでしょう?

シャンプーは髪や頭皮の汚れを洗い落すことが目的ですよね。コンディショナーは、髪のコンディションを整えることが目的です。では、トリートメントは?

傷んだ髪に栄養を与えて補修することが目的で使います。つまり髪が傷んでいなければ、トリートメントを使う必要はないということです。

髪が長いほど傷んでいると考えてもいいかもしれません。そういう考え方から、トリートメントを使うのは髪が何cmからが妥当なのでしょう。

トリートメントを使うかは長さより傷み具合

トリートメントを使う基準は何cmくらいからでしょうか?確かに、ロングヘアの方が髪は傷むと思います。しかし、長いから傷む、短いから傷まないということはありません。

髪が傷む原因は、パーマやカラー、ドライヤーやヘアアイロン、そして紫外線などです。他にも、色々とありますが、主な原因を挙げました。

ドライヤーと紫外線については、ほぼ全ての方がダメージを受ける対象となっていると考えます。では、パーマやカラー、ヘアアイロンなどはいかがでしょう?全ての人が受けるダメージではありません。

パーマを長年かけ続けているという人と、パーマは普段かけないという人がいると思います。また、カラーも同様に、カラーリングはやらないという人もいることでしょう。ヘアアイロンも同様です。

全ての人が同じようにパーマをかけて、カラーリングしているのでしたら、やはりロングヘアの方の方が髪は傷むので、トリートメントを使う基準は何cmからと言えますが、髪の傷む頻度は個人差が大きいものです。ですから、トリートメントを使う基準を何cmからと一概に言えません。

短髪の人は髪が傷みにくい

髪の傷む頻度は個人差があります。パーマやカラーをする頻度によりダメージが異なるからです。

しかし、毎日のドライヤーと紫外線等はいかがでしょうか。やはりロングヘアの方の方が髪は傷んでいると考えられないでしょうか。短髪の方ほど、まだ生えてきて間もない髪なので、パーマをしてもダメージを受けている回数で表すならばロングの方より少ないです。

パーマもカラーもやらないというロングの方も毎日のドライヤーと紫外線は受け続けています。しかし短髪の方が仮にパーマとカラーのどちらもしていたとしても、何年もの間、毎日ドライヤーと紫外線のダメージを受け続けた髪より短髪の方の方が髪は傷んでいないと考えます。それは、総合的なダメージを受けた量で換算する場合です。

きちんと検査をしたというわけではありませんので、断言はできませんが、やはりロングヘアの方の方が髪は傷んでいると考えた方が無難かもしれません。

トリートメントを使う基準をcmで表せたら良いかもしれませんが、それは個人差があるので、自分で傷み具合を見ながら、トリートメントを上手に使っていくといいでしょう。

コンディショナーは使っているけど、今までトリートメントを使ったことがない人は何を使えばいいのか分からないと思います。そこでまずは返金保証付でお試し品が買えるリシリッチをお試ししてみましょう。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ