トリートメントは薄毛を促進させるの!?

トリートメントの役割とは

シャンプーをする時に、トリートメントをつけてケアをされている方、多いかもしれません。悪いことではありません。しかし、それぞれの役割を知って正しく使わないことで、悪影響を与えてしまうこともあるので、注意が必要です。

まず、シャンプーは地肌や髪の汚れ・皮脂などを落としてキレイにする役割があります。そして、トリートメントは、髪に栄養を与えて傷んだ髪を補修する役割があります。

お気づきでしょうか?シャンプーは地肌や髪へ、しかしトリートメントは、地肌ではなく「髪」への働きのみです。

トリートメントは傷んだ髪だけに効果がある

トリートメントの役割は傷んだ「髪」の補修のために使います。ですから、頭皮につけてしまうと、頭皮を傷めてしまうことになるのです。

トリートメントが頭皮につくと薄毛になってしまう理由

トリートメントは薄毛を促進させるという噂は本当でしょうか。これは、トリートメントそのものが薄毛を促進させるというわけではありません。使い方を誤ると、トリートメントが薄毛を促進させてしまうことになります。

トリートメントは、髪につけるものであり、その効果をより得るために、シャンプー剤のようにしっかり流すということをしない方が多いです。

洗い流さないタイプのトリートメントもあるので、髪につけたトリートメントは、そのまま髪に残ります。髪についているのは悪いことではありません。特に洗い流さないトリートメントの場合、その状態で髪に浸透させるので、それが正しい使い方になります。

しかし、1つ問題があります。

トリートメントが頭皮につくと起こりうる問題点

トリートメントが、頭皮についてしまった場合、軽く洗い流す・もしくは洗い流さないタイプの場合、毛穴を塞いでしまうことがあります。せっかくシャンプーで毛穴に詰まった汚れを落としたのに、トリートメント剤がキレイになった毛穴を塞いでしまっては意味がありません。このようなことの積み重ねが、薄毛の原因となってしまうことがあるのです。

トリートメントが薄毛にする成分を含んでいるというわけではなく、頭皮についてしまった時に、きちんと洗い流さず残ってしまい、それが毛穴を塞いでしまい、薄毛の原因につながるというわけです。

トリートメントは、頭皮にはつかないように、髪につけるように注意しましょう。洗い流すタイプの場合、しっかり洗い流すことで、頭皮についたトリートメントも洗い流せるかもしれませんが、トリートメントの正しい使い方は、髪につけるものなので、守るようにしましょう。

トリートメントは頭皮につかないように、毛先から髪の根元より少し離れたところまでつけるようにしましょう。これでトリートメントが薄毛になる原因にはなりません。正しくトリートメントを使って薄毛の原因を作らず、ツヤツヤの髪にしましょう。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ