トリートメントは長時間放置すると効果的?

トリートメントには洗い流すタイプと洗い流さないタイプの2種類存在します。

洗い流すタイプのトリートメントはシャンプー後にトリートメントを適量手にとり、丁寧に毛髪へ付け、蒸しタオルの蒸気でトリートメントに含まれる成分を毛髪内部へ浸透させるのですが、この際、どのくらいの時間放置したらより優れた効果が得られるのでしょうか?

トリートメントの正しい放置時間

シャンプー後にトリートメントを適量手に取り、入念に毛髪に付けていきます。その後蒸しタオルで頭部を包み、トリートメントが毛髪に染み込むのを待ちます。その際、長時間放置した方がよりトリートメントが毛髪へ浸み込むようなイメージを持たれている方も多いと思います。

しかし、トリートメントを長時間放置してしまうと毛髪だけではなく頭皮にも悪影響を及ぼします。トリートメントには豊富な油分が含有されているため長時間放置してしまうとかえって余分な油分が頭皮や毛髪へ付着してしまうため皮膚トラブルの要因となってしまう危険性があります。

また、トリートメントが毛髪に染み込む量は決まっており、その時間は3分から5分が目安となっています。ですが、最大10分間放置していても問題ありませんので、トリートメントを使用する際は長くても10分以内には洗い流しましょう。

洗い流さないタイプのトリートメントの放置時間は?

洗い流すトリートメントの長時間放置は頭皮や毛髪によくない影響を及ぼすとご説明しましたが、洗い流さないタイプのトリートメントは長時間放置しても平気なのでしょうか?

洗い流さないタイプのトリートメントを行う場合、まずシャンプーで頭皮の汚れを洗い流します。続いてリンスをせずに、ドライヤーなどを用いて毛髪を乾燥させます。その後、頭皮に付着しないように細心の注意を払いながら入念にトリートメントを行います。ここからがポイントです。

洗い流さないタイプのトリートメントはタオルなどで頭部を優しく包み込み、一晩または8時間放置します。放置後、トリートメントをしっかりと洗い流して終了です。洗い流さないタイプのトリートメントは8時間という長時間放置しなければトリートメントの効果を得ることが出来ません。しかし、8時間以上放置しておくと毛髪に多大な負担を与えてしまうため、しっかりすすぐ必要があります。

トリートメントを長時間放置するのは毛髪に負担をかけるだけではなく、頭皮にも悪影響を及ぼす危険性があることをご説明させて頂きました。規定時間を守り、頭皮や毛髪に負担をかけないよう美しい髪作りを行いましょう。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ