トリートメントをつけて蒸しタオルで巻いて浸透させる!

トリートメントを浸透させるために

カラーやパーマ、毎日の紫外線などで髪は傷んでしまいます。傷んだ髪を修復するために、トリートメントを使う方は多いと思います。

そのトリートメント剤を、より浸透させるための方法があります。これをするだけで、美容室でトリートメントをした時のような髪に仕上がるという方もいるほどです。

その、方法とは「蒸しタオルで頭を巻くこと」です。

蒸しタオルを使ってトリートメントを浸透させる手順

トリートメントをより髪に浸透させるために蒸しタオルで頭を巻くことをお勧めします。ひと手間かかりますが、仕上がりが変わるので、試してみていただきたいと思います。

まず普通にシャンプーをします。その次にトリートメントを髪につけ、すぐに流さず蒸しタオルで頭をくるみます。トリートメントをつけて蒸しタオルで頭をくるんだ状態で、湯船に10分くらい入りましょう。たったこれだけです。

すぐに流さずに、蒸しタオルで頭をくるみ湯船で時間の経過を待つことになりますが、ほんの少しの手間で、仕上がりが変わるのでしたら、実践してみる価値がありそうですね。また、この方法は週に1回くらいのペースで行えばいいので、1週間の中で、時間にゆとりがある日に行えばいいので、続けてみてください。

蒸しタオルで効果が上がる理由

トリートメントをつけた後に、すぐ流さず蒸しタオルで頭をくるみ湯船で10分ほど経ってからトリートメントを流すと、効果が高くなるというのには理由があります。

それは、もともとトリートメントは長い時間つけておく方が髪に浸透するからです。更に、蒸しタオルで頭をくるむこと、湯船に浸かり温かい蒸気で髪のキューティクルが開く効果も期待できるからです。

蒸しタオルにシャワーキャップを加える

トリートメントを髪につけて、蒸しタオルで頭をくるみ、その上からシャワーキャップをすることで、更に効果が高まります。

また、これは入浴中の方法ですが、入浴中でない時は、トリートメントを髪につけて蒸しタオルで頭をくるむまでは入浴中と同じ手順ですが、その後にドライヤーなどで頭を温めてあげてください。冬場でしたらストーブの熱でもいいでしょう。濡らして熱を与え、頭が加湿されることを行えばいいのです。

トリートメントは長い時間つけておいてから流す方が、より浸透するという面から考えますと、洗い流さないトリートメントは、効果が高いのだと考えられますね。洗い流さないトリートメントを使う場合は無添加・ノンシリコンのトリートメント「リシリッチ」を試してみましょう。

洗い流すタイプのトリートメントの場合は蒸しタオルを加えることで、より高い効果を得てください。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ