トリートメントをつける意味

トリートメントは髪の内部に成分が浸透していく

シャンプーは、髪の汚れや皮脂を洗いキレイにするものですが、リンス・トリートメント・コンディショナーの違いってあるのでしょうか?

実は、その機能に大きな違いはありません。しかし、現在リンスとコンディショナーは成分がほぼ同じで、メーカーにより呼び方が異なるようです。リンスとコンディショナーは髪の表面をカバーするものであり、トリートメントは髪の毛の内部に有効成分が浸透するように作られています。これが大きな違いです。

トリートメントをつける意味

では、何故トリートメントをつけるのでしょう?トリートメントをつける意味はあるのでしょうか。

そもそも髪の毛の根元は皮脂膜によって保護されるようになっています。しかし髪が長いと、この保護してくれる皮脂膜が毛先まで届きません。ですから、毛先はダメージを受けやすいのですね。そのダメージから髪を守るのがトリートメントというわけです。

トリートメントをつける意味は髪(毛先)をダメージから守ることや、髪に栄養を与えるということです。また、トリートメント剤によって異なりますが、ドライヤーやアイロンの熱から髪を守る働きのあるものもあります。これもトリートメントをつける意味になりますね。

傷んだ髪に栄養を与える、ダメージから守る、ドライヤーやアイロンの熱から髪を守る、これらがトリートメントをつける意味ではないでしょうか。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ