トリートメント最後の方が出てこない場合の対応策

トリートメントを最後まで使い切るためには

ポンプ式のトリートメントをお使いの方、最後の方が出てこなくて困ったことはありませんか?これは、トリートメントに限ったことではなく、シャンプーやコンディショナーでも同じことが言えると思います。

トリートメントが残り少なくなると吸い上げられず出てこなくなりますよね。しかし、詰替えるために洗ってしまうのは勿体ないです。そこでトリートメントを最後の最後まで使うための技を紹介します。これで、トリートメントの最後の方が出てこないという困ったことが解決できるでしょう。

トリートメントを使い切るためにお勧めの方法

トリートメントの最後の方が出てこないということで、困ったことはないでしょうか。まだ容器の中に残っていることはわかっているけれど、ポンプが吸い上げなくて使い切れないということありますよね。

それを諦めて洗い流して次の詰め替え用を入れるのは勿体ないので、是非ここで紹介するトリートメントが出てこない悩みを解消して最後まで使い切ってください。

ボトルの底をたたく

トリートメントの量が少なくなりポンプを押しても吸い上がってこなくなったら、まずボトルの底をたたいてみてください。ボトルの底をたたくとボトルの内側についていたトリートメント剤が容器の底にたまるので、ポンプからまた吸い上げられるようになります。

フタを開ける

トリートメントの量が少なくなって出ない状態になってしまった時、1つ目の方法はトリートメントの容器をたたいて、内壁についているのを落として底にためるというものでした。それでも出なくなってしまった時はフタを開けて出しましょう。

まず、フタを開けずに容器の上を下にしてボトルを持ちます。そのままボトルを振るとトリートメント剤がポンプヘッドまで流れ落ちてきます。ここでフタを開けるとボトル口にトリートメント剤が集まってきているので、中身を出しやすくなるというものです。

トリートメントに水を足す場合と足さない場合

トリートメントの最後が出ないことで困ったことはないでしょうか。量が減りポンプが吸い上げなくなってしまった状態ですね。それを出すために方法1つ目は容器をたたいて内壁についているトリートメント剤を下に落とすようにすると、容器の底に溜まり、またポンプから出るようになります。

それでも出なくなったら、容器をさかさまにして振りトリートメント剤がポンプヘッドにたまるようにしてフタを開け使います。

3つ目の方法してまして少量の水を足して使うという方法があります。水を足して、残っているトリートメントを溶かすことになりますが、量が増えるので、ポンプが再び使えるようになるという考え方です。

しかし、これはメーカーにより異なり、あるメーカーは水を足してOKですが、あるメーカーは水を足すのはNGといっております。

また、容器を洗って乾かしてから詰め替え用を入れるというメーカーと、容器は洗わず、残り少なくなった出にくいトリートメント剤も容器に残ったままの状態で、詰め替え用を入れることを推奨しているメーカーもあります。メーカー、商品により異なることなので確認が必要かもしれません。

しかし、どこのメーカーも衛生面を考えた上でのことなので、使用上の注意などをよく読み確認してください。トリートメントが出にくい時の対応策を紹介しました。無駄のないよう、最後まできちんと使い切りたいですね。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ