風邪やキャンプのときには便利なドライシャンプー!一体どんな効果が期待できるの?

ドライシャンプーについて

皆さんは「水を使わなくても良いドライシャンプー」をご存じですか?

ドライシャンプーを大まかに説明すると、

  • 嫌な頭皮のにおいを消す
  • 汗などによるベタつきを改善する
  • シャンプーやヘアミストのように、良い香りを付ける

という特徴があるヘアケアアイテムのひとつです。

よってドライシャンプーは、通常のシャンプーのように頭皮や髪の毛の洗浄に役立つものではありませんが、風邪や介護などでお風呂に入るのが難しいときや、キャンプなどの外出ですぐに使えるので、非常時に使うための便利アイテムとしても利用されています。

最近では、熊本地震の避難場所で使われていたこともあり、いざというときにひとつ持っておくのも損はありません。

ドライシャンプーの使い方

ドライシャンプーの使い方は、決して難しいものではありません。

1.全体になじませる

まずドライシャンプーを手に取り、頭皮から揉むように全体に馴染ませます。

2.毛先をほぐすように揉む

その後は、ムラが無いか確かめるために、毛先までクシュクシュとほぐすように揉んであげましょう。

3.ブラシで髪を整える

あとは、コームやブラシで髪の毛を整えれば終了です。

このように、ドライシャンプーは短時間で使えるので、非常時以外でシャンプーをするのが面倒くさく感じるときや、腕や手を怪我してお風呂では洗いづらいなどのときにも簡単に使用できます。

ドライシャンプーには、ムース、スプレー、パウダーの3種類がありますが、一番地肌と髪に馴染みやすいのはパウダーのタイプなので、まだドライシャンプーを使ったことが無いという方は、パウダーのものから試すことをオススメします!

ドライシャンプーの効果とは?

上記でもドライシャンプーの特徴的な効果を大まかに説明しましたが、ここではより詳しくメリットとなる効果をひとつずつ紹介していきたいと思います。

1. 水と時間を節約できる

近年の日本は、雨が降らずに水不足に悩まされている地域が増えてきています。

そんななかで、急に断水になったというときにドライシャンプーを持っておくと、皮脂で頭皮が炎症したりすることを予防できるので、とても便利です。

そしてただ単に水道代やガス代を節約するために、2日に1回はドライシャンプーで済ますという使い方をされている人も多いので「毎日シャンプーするなんて面倒だけど、不潔だと思われたくない!」という方は、是非ドライシャンプーを習慣的に使うことをオススメします。

2. 皮脂でベタついた髪の毛のボリュームを元通りにする

特に汗をかく季節などは、髪がぺたんこになってしまうことも多いかと思います。

しかしドライシャンプーは、皮脂を目立たなくし、ボリュームを増してくれる効果があるので、時間がないときや薄毛が気になるという方にもピッタリのシャンプーです。

3. 寝ぐせ治し効果

朝のバタバタ時や、外出前のヘアセットに時間がないときは、ワックスやスプレーの代わりにドライシャンプーを使うのも良いでしょう。

ドライシャンプーだと、ワックスやスプレーのように髪の毛に強く付着し、お風呂で2回シャンプーをする必要がなくなるのでオススメです。

4. 髪の毛に優しい

水を使うシャンプーの方が、確かにスッキリ洗うことができますが、市販のもので毛穴の奥まで汚れを取り除けるものはごく僅かです。

さらに市販のシャンプーには油分を足しただけで、保湿をうたっているシャンプーも多いので、たまにはドライシャンプーで髪へのダメージを軽減するのも髪のケアには重要となってきます。

ドライシャンプーはコスパも高い!

ドライシャンプーの相場価格は、平均で500円から2000円くらいなので、コスパの面でもドライシャンプーはオススメです。

ただの時間短縮だけでなく非常時にも役立つ優れ物なので、これを機会にご家庭にひとつ常備しておくと良いでしょう。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ