不要になったトリートメントの捨て方と再利用方法

トリートメントが体質に合わず使用することが困難になってしまった方や今まで使用していたメーカーから新しいメーカーのトリートメントを使用しようとお考えの方は不要になったトリートメントの捨て方に困っているのではないでしょうか。

粘性の高いトリートメントを配管に流すと詰まってしましそうですよね。今回は不要になったトリートメントの捨て方と再利用方法をご紹介します。

トリートメントやリンスなどのヘアケア剤の捨て方とは?

不要になったトリートメントは多くの場合、シャンプーやリンスなどと同様そのまま下水道に流してしまうという意見が多いです。しかし、各自治体で廃棄の仕方が異なるので、ご自身がお住まいの地域のルールに従って捨てるのが良いでしょう。

ですが、中にはトリートメントやリンス、シャンプーを捨てずに再利用している方々もいらっしゃいます。その方たちの利用方法をご説明したいと思います。

不要になったトリートメントやリンス、シャンプーの意外な使い方

使用しなくなったトリートメントなどは下水道に流して廃棄する捨て方が一般的ですが、中には再利用する方々もいらっしゃいます。

不要になったシャンプーは、ヘアーブラシや櫛、ヘアクリップなどのしつこい汚れを綺麗に落とす洗浄剤として用いたり、お風呂掃除の洗浄剤として使用するとピカピカになります。シャンプーは人間の皮脂汚れを落とす役割がありますのでお風呂掃除にはもってこいの洗浄剤だと言えます。

リンスは洗濯機に適量入れ、柔軟剤の代用品として用いる方が多いです。特に羊毛や毛織物類の衣類をご自宅で洗濯する際に最適です。不要になったシャンプーで洗い、リンスですすぐと良いでしょう。シャンプーが無くても洗濯用の中性洗剤で洗濯後にリンスですすいでも同様の効果が得られるので1度試してみてください。勿論通常の洗濯時でもご使用になれます。

また、リンスは洗濯以外にも掃除用液剤としても利用出来ます。リンスには静電気を予防する効果がありますので、水で薄めてブラウン管のテレビ画面を拭くと埃が付着しにくくなると言われています。しかし、現在は薄型の液晶テレビが主流なのでリンスで画面を拭かないようにしましょう。ですが、差し障りのない部分の拭き掃除に用いることは可能です。また、トイレ掃除の仕上げに薄めたリンスを便器内に薄く行き渡らせると付着汚れを防ぐことが可能です。

トリートメントはリンスと同様の効果が得られるので、リンスで挙げた用途で使用することが可能です。しかし、トリートメントなどは、なかなな溶けにくいため水で溶かすよりお湯で溶かした方が良く溶けます。

トリートメント独自の使用方法ですと、網戸を洗浄した後に不要になったトリートメントを水で薄め、タオルで網戸にまんべんなく塗っていくと埃と汚れの付着を防ぐ効果が得られます。また、フローリングのお手入れに使用すると新築のような輝きを取り戻すことが可能です。

不要になったトリートメントやシャンプーなどは、掃除やデオドラントなどに再利用することが出来るので、自治体で定められている捨て方で捨てる前に一度騙されたと思って試してみてください。特にトリートメントを柔軟剤替わりに用いるとふわふわで柔らかな肌触りとトリートメントの良い香りがするのでお勧めです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ