効果的なヘアケア!アウトバストリートメントとは

トリートメントといえば、何年か前まではシャンプーの後に使う洗い流すタイプが普通でした。しかし、最近では日常のアイテムとして「アウトバストリートメント」を多くの人が使っています。

当たり前のように使っているアウトバストリートメントとはどのようなものか、種類によってどのような違いがあるかご存知でしょうか。

アウトバストリートメントとインバストリートメント

シャンプーの後の髪に使う、洗い流すインバストリートメントの場合は、開いたキューティクルの隙間から有効成分を浸透させることで髪のダメージの修復を行います。

一方アウトバストリートメントは、入浴時ではなく入浴を終えた後に使用する洗い流さないトリートメント。使用することによって得られる効果としては、髪の補修作用と共に髪に艶を与え、手触りをよくし、紫外線ドライヤーの熱から髪を守るなどが考えられ、洗い流すことがないため効果を感じやすいものでもあります。

インバストリートメントとは少し違い、様々な種類と形状があります。

オイル

髪の表面をコーティングする効果が高く、水分を髪の内部に閉じ込め艶やかに保ちます。

クリーム

オイルタイプよりも水分が含まれている分、潤いを与える効果があります。ボリュームダウンすることを避けたい場合にはオイルタイプよりもクリームタイプがオススメでしょう。

ミルク

クリームタイプよりも軽い仕上がりです。サラサラの手触りやボリュームを出したい人に使用しやすいでしょう。

ウォーター

油分のほとんど含まれていないウォータータイプは、さっぱりとした使い心地です。スタイリング時にも使いやすいため1つ持っておくと便利でしょう。

アウトバストリートメントの必要性

アウトバストリートメントはダメージのあるヘアにはとても有効です。インバストリートメントの効果と髪を保護する効果の高いアウトバストリートメントを併用することで相乗効果が得られるでしょう。

夜に使用すれば、寝ている間に補修成分をしっかりと髪へと浸透させることができ、さらにキューティクルを整える効果もあります。また、乾燥する冬には肌と同じく髪も乾燥しやすい時期ですし、夏の紫外線も髪にダメージを起こす原因になります。

アウトバスとリートメントは洗い流すことなく髪に付着したままになるため、乾燥対策と共に紫外線対策もでき、ダメージ予防に役立ちます。手軽に使用することが可能なため、あまり手間をかけたくない人にもオススメでしょう。

アウトバストリートメントは使い分けが可能

アウトバストリートメントは、種類が豊富で使い道も様々。多くの種類のアウトバストリートメントからどれを選ぶか迷う場合もあるとは思いますが、用途や効果を考えて幾つかの種類を常備しておくのも良いでしょう。インバストリートメントよりも使い勝手が良いのではないでしょうか。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ