洗い流さないトリートメントの効果的な使うタイミングは?

洗い流さないトリートメントは、シャンプー後に使用する洗い流すトリートメントと同様、ツヤのある綺麗な髪にするためにも欠かせないアイテムになりました。通常のトリートメントとは違い洗いなさないため、有効成分が髪にとどまり、効果を感じやすいのも良いところです。

洗い流さないトリートメントの効果を十分に得るためにもどのように使用するかも重要なポイント。では、洗い流さないトリートメントの効果的な使うタイミングはいつなのでしょうか。

トリートメントで健康的なツヤのある髪へ

トリートメントは、髪の内部まで有効成分を浸透させることで、ダメージのある髪を健康的なツヤのある髪へと回復させる作用があります。

洗い流さないトリートメントには通常のトリートメントの効果と共に、紫外線ドライヤーの熱、ほこりや臭いなどの日常生活で起こる影響からも髪を保護する効果があるでしょう。また、洗い流すことがないため、成分が時間をかけて浸透する上、効果も持続するため翌日の髪にも健康的なツヤを与えることが可能です。

洗い流さないトリートメントの種類

洗い流さないトリートメントを効果的に使うには、その製品の使用方法を確認する必要があります。

シャンプーの後リンスやコンディショナー、またはトリートメントを行い、タオルドライの後、濡れた髪に使用しその後ドライヤーで乾かすものと、乾かした後の髪に使用するもの、また、どちらにも使用可能なものもあります。

洗い流さないトリートメントは夜?朝?どちらのタイミングが効果的?

夜にトリートメントを使用するときのタイミング

基本的には洗い流さないトリートメントの効果的な使うタイミングはシャンプー後の髪が濡れている状態の時です。寝ている間にしっかりと浸透し、ダメージヘアの修復により役立ちますし、就寝中の寝具などによる摩擦からも保護することも可能です。

洗い流さないトリートメントはタイミングも大切ですが、濡れた髪の性質上、摩擦によってダメージを受ける可能性が高くなるため、タオルドライの仕方から、トリートメントの付け方まで気を使う必要があります。

髪をタオルで擦ることなく、抑えるようにしっかりと水分を取ります。水分が多く残っているとトリートメントの効果が薄れる可能性があります。また、洗い流さないトリートメントを付ける時にも、摩擦を起こさないように気を付けましょう。その後、乾かすことで効果がより発揮されることが多いです。乾かした後の髪にも少量使用することで、より効果を得られるでしょう。特に毛先に重点的に使用するのが良いでしょう。

朝のスタイリング時にトリートメントを使用

日中に髪の乾燥が気になる人にとっては、朝の使用も効果的でしょう。朝のスタイリング時に使用することも髪が扱いやすくなり効果的ですが、乾燥が気になった時に随時使用するのもオススメ。

しかし、付け過ぎることでべたついたり重くなったりすることもあり、さらに、頭皮や顔周りに付くことで肌トラブルを招く可能性もありますので気を付けましょう。毛先を中心に少なめに使用することを心がけましょう。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ