洗い流さないトリートメント、オイルタイプはどう使う?

洗い流さないトリートメントの中でもオイルタイプは天然のものを使用している場合も多く、使用しやすいでしょう。ナチュラルな物を使用したいと考える人にとっては、選びやすいですし安心して使用できる物も多いです。

オイルタイプの特徴

髪の乾燥が気になる人にオススメなのがオイルタイプ。主に油分が主成分になっているためヘアオイルと言われることもあります。

日本では、昔から椿油などを髪のお手入れとして使うことがありましたが、近頃のトリートメントとしてのオイルは多くの成分が配合されている事もあるでしょう。

オイルタイプのトリートメントは、シャンプー後の髪の水分を閉じ込める効果が高いため乾燥から髪を守ってくれます。さらに、シャンプー後のトリートメント効果をしっかりと内部へと閉じ込めることも可能でしょう。

オイルタイプのメリット

洗い流さないトリートメントのオイルタイプのメリットは、ツヤが出やすい事でしょう。表面のコーティング力が高いため、髪を乾燥から防ぐことが期待できます。髪を保護する働きがあるため、ダメージを防ぐ効果も高いでしょう。

植物性のオイルを成分としている場合と鉱物油を使用している場合がありますが、植物性の天然成分のみで作られている場合など、髪だけでなく頭皮も含めてのケアができる製品もあるでしょう。

オイルタイプのデメリット

付け過ぎるとベタつきが気になる事があり、さらに根元付近に付け過ぎることで重くなりボリュームが出なくなり清潔感のないスタイリングに。また、物によっては髪のダメージを修復する効果が低く、どちらかというと髪の表面を保護する役割が強いことが多いでしょう。

適量の見極めとタイミング

洗い流さないトリートメントの中でもオイルタイプは水分が含まれないことが多く、その他のトリートメントとは大きな違いがあります。水分を閉じ込めるためにタオルドライ後の湿っている髪に使用したり、その他のトリートメントの仕上げとして使用するのがオススメでしょう。

また、少なすぎれば効果が得にくく、多過ぎれば髪だけでなく頭皮にも悪影響になる可能性があります。髪の量や質、乾いた髪に使うか湿った髪に使うかによって少しづつ様子を見て自分に合った量を見極めましょう。

また、天然オイルだけでなくシリコン(ジメチコン)などの配合されたものは頭皮へ付くことを避ける必要があるため注意しましょう。使用した後に洗い流すトリートメントと違い、常に髪に付いた状態になる洗い流さないトリートメントは、より選択を慎重にするべきです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ