育毛にトリートメントは必要ない?

髪をなめらかに整える効果のあるトリートメントはスタイリングしやすくするのにも必要な場合はあります。

通常のトリートメントは頭皮に付くことで悪影響を及ぼす可能性があり育毛の妨げになる事があります。しかし、中には育毛の妨げにならないトリートメントもあります。これにはどのような違いがあるのでしょうか?

育毛トリートメントと一般的なトリートメントの違い

育毛効果のないトリートメントが効果を発揮するのは毛髪部分です。特に傷みのある毛先を中心に使用することで、栄養分の補給と髪表面のコーティングをすることがメインです。その成分には油分や髪を保護する成分が含まれ、それらが頭皮に付着することで毛穴の詰まりや油分過多になり、育毛への妨げになります。また、洗い流す時には頭皮に付着する可能性がありますが、流し残せば頭皮の環境は悪くなり、毛髪へも悪影響でしょう。界面活性剤やシリコンなどが頭皮に残らないようにする必要があるのです。

一方、育毛の妨げにならないトリートメントと言うのは、植物性オイルなどを使用し、シリコンなどの化学物質が含まれていないものと考えられます。髪の表面はオイルで保護でき、さらに頭皮に付いても天然成分で潤いを与えることも可能ですし、刺激がないように考えられています。頭皮をケアすると言われているものであれば、場合によっては頭皮マッサージもできる場合もあるでしょう。頭皮の血流アップをすることで健康な髪が生えてくることにもなります。

育毛を考えるのであればトリートメントの種類も慎重に

健康な毛髪を育てるには、毛穴の詰まりを起こしてしまうことはマイナス要因でしかありません。育毛の妨げなります。育毛を心がけるのであれば頭皮と毛穴の健康が大切です。そのためトリートメントも育毛効果を謳っているものか、頭皮についても問題のないトリートメントを使用し、毛先の気になる部分を中心に補修するのがオススメでしょう。

また、洗い流さないトリートメントであれば頭皮についてしまうことなく髪の補修とコーティングができると考えられます。また「無添加」のものを使用することで誤まって毛穴についてしまってもそれほど心配ないでしょうし、頭皮の事を考えればノンシリコンを選ぶのが理想的でしょう。そこでおすすめするのがリシリッチです。リシリッチは無添加でノンシリコンなので育毛中の方でも安心して使えるトリートメントです。

育毛中でもトリートメントでツヤのある髪を

育毛を心がけている人にとって、トリートメントはどれでも良いというものではない場合があります。しかし、髪を保護するためにもトリートメントを使用することは重要でしょう。いくら育毛ができても、毛先が乾燥してパサパサでは台無しです。

シャンプーによっては髪がごわつくものもありますから、トリートメントの使用も今生えている髪を美しく保つために使用する必要があるのではないでしょうか。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ