髪の乾燥、日常的に防ぐことが大事

髪の乾燥は肌の乾燥と同じように起こります。髪が乾燥する原因はパーマやカラーと思われがちですが、それ以外にも起こる可能性があります。

髪はなぜ乾燥するのか

髪は一本一本キューティクルで表面を覆われています。髪の内部の潤いを閉じ込めることだけでなくツヤや肌触りを良くするように作用しています。キューティクルはうろこ状に重なり合っていて、髪の乾燥が起こるとキューティクルが開き多くの隙間ができます。

キューティクルが剥がれたりめくれ上がって乾燥が起こっていると、髪の内部の水分やアミノ酸が隙間から流れ出してしまいます。

髪の内部がスカスカになることで潤い不足になり、いわゆる髪のダメージが起こります。髪の乾燥を放置することで髪の内部のダメージへと繋がるのです。

髪が乾燥する原因

髪の乾燥が起こる原因には、ヘアカラーやブリーチ、またパーマなどの、薬品を使用することによる髪への負担はありますが、美容院で行う場合には髪のダメージを最小限に抑えることを考慮し行っている事が考えられ、必要以上のダメージを受けていない可能性もあります。

ところが、髪の乾燥は日常生活の中にも原因があり、普段の何気ない行動が髪を乾燥させる原因になっている場合もあるのです。乾燥は枝毛やパサつき、切れ毛など多くのトラブルを起こしますが、日々気を付ける事で防げる可能性があります。

ドライヤーやヘアアイロンの熱

ドライヤーやヘアアイロンなどのアイテムを毎日使っている人も多いでしょう。特にコテやヘアアイロンは、高い熱がダイレクトに髪に伝わるため乾燥をを起こす可能性は高くなります。

また、ドライヤーも同じく熱を受けますから必要以上にかけることや一箇所に長時間熱風をかけることを避け、近づけすぎないように気を付ける必要があるでしょう。最低でも20cmは離すべきです。さらに、下からあてるとキューティクルを開く原因にもなり髪を乾燥させることになりえます。上から下へかけるように心がけましょう。

紫外線

髪は紫外線を受けやすい位置にあります。一年中紫外線を受けている髪も肌と同じく日焼けをし、乾燥が起こりやすく、そのダメージが原因でキューティクルが剥がれ落ちれば髪の内部の水分が外部へ蒸発しやすい環境になってしまいます。

普段の洗髪にも注意

シャンプーは毎日行う人がほとんどです。毎日のシャンプーの方法を間違えていれば少しづつ髪にダメージを与えていることになるでしょう。

シャンプーの使用量はしっかり確認し、多くの量を使い過ぎないようにしましょう。また、濡れた髪は傷つきやすいため摩擦に弱い状態です。シャンプーからタオルドライまで、決して擦ることのないようにすることが大切です。さらに、お湯の温度が厚すぎることでキューティクルがめくれ上がってしまうことがあるため、お湯の温度は38℃くらいにしておくのが理想的でしょう。

素早く乾かす

濡れたまま寝ることで寝具との摩擦が起こりキューティクルを剥がしてしまうことがあります。正しくドライヤーを使い乾いてから就寝しましょう。

髪も気を付ける事で乾燥を避けられる

髪は皮膚とは違い乾燥を感じにくい部分でもありますが、肌と同じく、日々の生活で気を付ける事で乾燥やダメージを防ぐことは必要です。丁寧なヘアケアを心がけることで予防していけば乾燥による広がりやパサつきを抑える事もできます。

シャンプーの後、トリートメントを使用することや、日常生活の悪影響を避けるために洗い流さないタイプのトリートメントで保護しておくとより効果的です。おすすめなのはリシリッチです。リシリッチは無添加・ノンシリコンで50種類以上の美容成分が入っているので髪の乾燥を改善してくれます。

併せて食生活の改善などを行うのも事も取り入れると良いでしょう。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング

今、一番売れている・おすすめの洗い流さないトリートメントを探すのに役立ちます♪ 髪のダメージを補修してくれる洗い流さないトリートメント商品の総合実力ランキングページです。

洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキング >>洗い流さないトリートメントの口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 洗い流さないヘアトリートメント All Rights Reserved.

このページの先頭へ